自費出版の利用のメリット

本を読むという趣味の人達は昔から大勢いて、知識欲を満たすということも、人類にとっては満足感を得る重要な方法だったということですし、インターネットの発達した現代でも、インターネットの中身は動画や音楽もありますが、やはりメインは文章を読むということです。そうなるとそれらの文章の読み手と書き手がいますが、自分の意見や考え方を知ってもらうということでは、作家でなくとも今では誰でもが、インターネットのブログやSNSなどで情報を発信しています。そしてその情報量が膨大になり、また人気があり、あるいは残しておきたいということになると、それらの情報を本にするというビジネスも生まれてきます。そのひとつが自費出版で、自分で注文して自分の満足できる本にしてもらえるサービスで、特にインターネットでの注文では格安で自分の本を出版でき、部数も調節できますし、装丁も好きな様に好みのままにしてもらえるので、非常に魅力的なサービスになっています。

自費出版の魅力と夢の実現

本を出版するということは、プロの作家になるということで、それは生易しいことではなく、ましてその本が売れなければ収入も入ってこないですし、次の本を出版するめども立たなくなります。また競争も激しい世界で、売れない本もたくさんあり、ベストセラーとそうでない本の差が非常に激しいと言われています。そうなると、本を読む方としては、あまり関係はないのですが、出版したいという夢を実現したいという人にとっては、なかなか大変な状況でもあります。ビジネスということでは、売れない本を出版してくれる出版社はないでしょうから、ますます夢の実現も遠のくということになります。しかし方法がないわけではなく、自費出版をして本にするという方法があり、これが案外売れて、本来の出版につながる場合もあります。そうでなくても自分の夢が叶うということで、知識欲を満たすのにはとても有効な方法ということになります。

自分の人生の記録と自費出版

人には家系というものがあり、血筋があり、それを受け継いできた、それぞれの人たちがいます。そして自分には二人の親が必ずいますし、その親達にも必ず二人の親がいます。そしてそれは遥か過去まで続いていて、必ずそれぞれの親の血統を遺伝子として受け継いでいます。しかしそれらの人たちがどのような人たちなのかということは、ほとんどわかりません。資料として残っているものとしては、家系図ぐらいで、それも信憑性のないものもあります。過去に他人の家系図を購入してつなぎ合わせるということがよく行われたからです。特に日本では、戦国時代などの動乱期の頃によくそのようなことがあったそうです。人はルーツを知りたがりますが、歴史的な有名人が先祖の場合はわかります。しかしそうでなければ全くわからないということになります。しかし今の時代では、自分史を出版できますので、これからの子孫に自費出版の本を残すことが出来ます。それは貴重な財産にもなりますし、また自分以外の家系のことも書き残せるので、その面でも便利な記録になります。家宝ということでしょう。

自費出版、冊子印刷の全工程の設備を完備している為、低コスト、短納期が可能となっております。 自費出版、冊子印刷など、お見積り致しますので、お気軽にお問合わせください。 お客様にあった印刷種類をご提案いたします。 料金に関しては252円~から承ります。(50項100部の場合)価格表をご用意しておりますのでご確認ください。 お客様のご要望に合わせて、自費出版や冊子印刷などのサービスをご提供致します。 自費出版のお見積りならニシダ印刷製本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)